Sponsored Link

カラオケとプレゼン

公開日: : 最終更新日:2015/08/29 つぶやき

こんにちは、いなびんです。

 

今日はお客様向けのプレゼンがありました。

 

プレゼンの善し悪しは第三者が決めるものではないけど(僕は最初に少し話しただけ)、今日のプレゼンはよいものだったと思います。

そう思ったのはお客様の反応から。

お客様は資料ではなくプレゼンターの顔や動きを見ながら一句一句しっかりと聞いてくださっていたように見えたし、実際にその後いただいたフィードバックでも、よくわかった、前向きに検討したい、と熱っぽく語ってくださった。

(とは言っても、何も進まないケースももちろんありますが。)

 

プレゼンのうまさというのは、やはり毎回の事前の準備と場数によると思う。

毎回、資料は必要最低限なものにし、補足用の資料が必要であれば過不足なく(終わった後に)提供する、言葉選びやてにをはのような細かいことから、メッセージの伝え方といった大きなことまで、きちんと事前に準備を行う。

そして事前にリハーサルを行うということもとても重要。声に出して読んでみる、というかプレゼンしてみると時間配分やチャートのつながりなどが意味を持っているかどうかが、分かる。

 

自分の母親が聞いて分かるようなプレゼンをしろ、とよく言われるが、その通りで、もちろん専門用語が入るケースもあるけれども、お客様の専門用語であれば致し方ないが、一般名詞で言えるものはそうすべきだろう。

聞き手が理解できるか、聞き手がアクションを起こせるか、それがつまるところ、プレゼンの善し悪しなのかなと思う。

 

 

それに加えて場数。

やればやるほど、自分とプレゼンの上手い(と思う)人の差が自分で分かるようになるし、「適度な」緊張を持って臨めるようになるだろう。いい意味で慣れが必要なのである。

やらないとうまくならない、うまくならないからやらない、という悪循環ではなく、やってみて学ぶ、学んだことをまたやってみる、という好循環を作らなければならない。

 

 

そういう意味で、カラオケに通ずるところがある。

自分は歌が下手だから、という理由で毛嫌いする方もいるが、実際嫌いならいいが、行くのであれば歌ったほうがいいだろう。(もちろん聞くのが楽しい、場の雰囲気が楽しいから行く、という方がいるのは理解する。)

歌えば歌うほど、のどの筋肉(?)が鍛えられて、上手くなっていくものだと思っている。

 

カラオケ、久しく行っていないから、行きたいなぁ。。。などとプレゼンを聞いた後、思って、こんなことを書いているのは内緒である。

 



Sponsored Link

関連記事

no image

ゴルフはおもしろい

こんにちは、いなびんです。 今日は会社の仲間とゴルフに行ってきました。 &nbs

記事を読む

no image

同僚との会話から得るもの

今日は同僚と食事をしてきました。色々と学びのある夜でした。   こんばんは、い

記事を読む

no image

おでかけ!ニッポンで紹介された日光のそば屋はこちら

9月13日の「おでかけ!ニッポン~栃木県日光編~」(テレビ東京系列)。   日

記事を読む

no image

相手のことを考える力・人を動かす力

こんにちは、いなびんです。 今日は人を動かすことの難しさを改めて感じました。  

記事を読む

no image

インプットとアウトプット

こんにちは、いなびんです。 今日は休日、昼は本を読んで過ごし、夜は友人と食事してきましたのです

記事を読む

no image

おっさんパワー

こんにちは、いなびんです。 昨日は帰りに上司と飯食って、流れでカラオケに行って帰ってきました。

記事を読む

no image

休日のダメな過ごし方 – 自分のやりたいこと

こんにちは、いなびんです。 私は土日が休日なのですが、今日は仕事をして過ごしました。 &

記事を読む

no image

英語とプレゼンとカラオケ

こんにちは、いなびんです。 今日は会社の同僚の外国人(非英語圏)と食事してきたのだけど、おもし

記事を読む

no image

プレゼンのコツ: 誰のために何を説明するのか?

今日はプレゼンのコツを意図せず、改めて感じた日でした。 こんばんは、いなびんです。 今日

記事を読む

no image

何かを始めるということ、続けるということ

今日はどうも体調がよろしくない。もう若くないってことでしょうか。。 そんなことから、何かを始め

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


  • HN: いなびん
    性別:男
    年齢:37歳
    芸能やスポーツを中心に最新のニュースを独自の視線で紹介します。
    お問い合わせ先: info@inabin.jp
PAGE TOP ↑