Sponsored Link

英語とプレゼンとカラオケ

公開日: : 最終更新日:2015/08/29 つぶやき

こんにちは、いなびんです。

今日は会社の同僚の外国人(非英語圏)と食事してきたのだけど、おもしろい話をしていた。

 

彼(A)にはミュージシャン(くずれ)の友人(B)がいて、その友人はヤマハ音楽スクールでギターを教えているそう。

ヤマハからの評価もお客さん(生徒)からの評判もよく、本人も好きな音楽でお金をもらえるということで、楽しく仕事をしていた。

けれど、ある日、その友人から仕事を辞めた、と告げられた。

 

 

A「なぜ????」

B「シンガポール人の生徒がいて、そいつとのコミュニケーションがしんどかったから」

B「なぁ、どうやったら英語ができるようになるか、教えてくれよ?」

A「・・・おれがどうやって英語を学んだかというと、Jr. High~High schoolのときの話・・・

スクールバスのようなもので通っていたんだけど、何人か外国人がいて、みな外国人連中とは話したがらず、バスの後ろのほうに座っていた。

でもたまたま自分は最後にバスに乗ったのもあって、そいつの横に座って6年間コミュニケーションをとった。

それだけ。それ以外には勉強も何もしていない。」

B「?????なぁそれの何がおれに関係するの???」

A「今すぐ、ヤマハに戻ってもう1回そこでシンガポール人にギターを教えて来い!!!」

 

 

僕の友人の友人、Bはギターを教えるのが仕事で、その生徒はBにギターを習いに来ているのであって、英語でのコミュニケーションをしに来ているのではない。

タダで英語が学べて、お金ももらえる、こんないい話がほかにあるか?

 

ていう話のなのですが、いやぁこれってよくある話ですよね。

僕は幸い、仕事で半強制的に英語圏に送り込まれ、一応英語のコミュニケーションはそんなに苦ではないけれども、たいていの日本人は英語ができないと言われている。

外国人にもそう思われている。

だから、お互いにコミュニケーションをとるのを避けてしまって、一向に日本人の英語のレベルはあがらない。。。

 

 

なんだか昨日のカラオケとプレゼンの話みたい、と思って聞きました。

使わないと、うまくならない、だからもっと使わない。

こういう悪循環ってどこにでもありますね。

 

 

一方で、コミュニケーションなんて、伝わればよいのであって、最低限の文法や語彙は必要だと思うけど(特にビジネスでは)、伝えることよりも「正確な」英語を目的にしちゃいけないよねぇ。と思う。

 

目的と手段はちゃんと意識しておこう。

Sponsored Link

関連記事

no image

プレゼンのコツ: 誰のために何を説明するのか?

今日はプレゼンのコツを意図せず、改めて感じた日でした。 こんばんは、いなびんです。 今日

記事を読む

no image

何かを始めるということ、続けるということ

今日はどうも体調がよろしくない。もう若くないってことでしょうか。。 そんなことから、何かを始め

記事を読む

no image

カラオケとプレゼン

こんにちは、いなびんです。   今日はお客様向けのプレゼンがありました。

記事を読む

no image

同僚との会話から得るもの

今日は同僚と食事をしてきました。色々と学びのある夜でした。   こんばんは、い

記事を読む

no image

成長するということ

こんにちは、いなびんです。 今日は成長するということについて、深く考えさせられることがありまし

記事を読む

no image

相手のことを考える力・人を動かす力

こんにちは、いなびんです。 今日は人を動かすことの難しさを改めて感じました。  

記事を読む

no image

ゴルフはおもしろい

こんにちは、いなびんです。 今日は会社の仲間とゴルフに行ってきました。 &nbs

記事を読む

no image

おでかけ!ニッポンで紹介された日光のそば屋はこちら

9月13日の「おでかけ!ニッポン~栃木県日光編~」(テレビ東京系列)。   日

記事を読む

no image

アイデア < 行動 < ?

こんにちは、いなびんです。 今日は「考えてばかりではなくて、行動しろ!」と言っている人とちょっ

記事を読む

no image

インプットとアウトプット

こんにちは、いなびんです。 今日は休日、昼は本を読んで過ごし、夜は友人と食事してきましたのです

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


  • HN: いなびん
    性別:男
    年齢:37歳
    芸能やスポーツを中心に最新のニュースを独自の視線で紹介します。
    お問い合わせ先: info@inabin.jp
PAGE TOP ↑